ブログ

ホーム > ブログ >田舎暮らし広島ブログ とんど(2)
田舎暮らし広島ブログ とんど(2) 投稿日:2018年01月16日

こんにちは♪

先週末は、とんど祭りが行われた地域が多かったですね。

とんどって昔から、竹などを組んで造った巨大な「櫓」を作り、

正月の書初めや、しめ飾り、昨年のお守りを詰めて燃やし、

今年の家族の健康、無病息災を願って、

残り火で竹に刺したお餅を焼いて食べる。。。。

昔からそれがとんどの行事でしたが、、、

そもそもとんどの由来は、貴族の遊びが元で、

小正月(1月15日)に行われていた毬杖(ぎっちょう)と呼ばれる貴族の遊び

毬杖とは、木でできた杖で毬を相手のゴールへ入れるというホッケー的な遊びです。

毬杖に使う杖を三本揃えて、その上で短冊や扇子などを焼き、

陰陽師がその年の運勢を占っていたんですね。

この行事が「三毬杖(さぎちょう)」と呼ばれていたのです。

今でも、どんど焼きのことを「さぎちょう」と言う地方もあるそうで、

それが、後に庶民にも伝わり、現在のどんど焼きが誕生したそうです。

お餅を焼いて食べると 1年健康でいられる、虫歯にならない、などのご利益があると

言われています。

でも、なんでどんど焼きとよばれるんでしょうか?

尊いものを焼く(どんどは尊いの意味)から、どんどん燃える様子から

そう呼ばれるようになったそうです。

今ままでなーんとなく、行事だからと参加していたとんども、

由来がわかると、家族、そして地域の皆様が1年健康で過ごせるように、

これからも、その地域の人たちで、今後も残していかないといけないですね。

ページ先頭へ
お問合せ
ページトップへ