先駆者紹介

画家の ミチヨさん(左)  岩井綾女さん(右)
安芸高田市の伝統や風景が私たちの描きたいものにドンピシャでした!
画家の ミチヨさん(左)  岩井綾女さん(右)
画家の ミチヨさん(左)  岩井綾女さん(右)
安芸高田市の伝統や風景が私たちの描きたいものにドンピシャでした!
  • 移住のきっかっけ
    ミチヨさん:
    東京でアーティスト×地方移住のセミナーを聞き、安芸高田市のお試し移住に興味を持ちました。ちょうど隣の席で一緒だった岩井綾女さんと二人で「行こう!」と盛り上がってしまって(笑)。 普段は、東京の自宅があるマンションの一室にて制作しているのですがなかなか大きな作品を手掛けることができず、広いスペースを借りられるこの話がぴったりだと思いました。
    私は神話や伝承を題材に作品を描くので、 個人的に「神楽」にとても興味がありました。特に広島の百貨店で何度か展示をするうちに、ここで本場の神楽を観てみたいという想いが強くなりました。今まで、広島に来てもなかなかその機会がなかったため、今回のお試し移住のうちにしっかり調べてみたいと思っています。


    岩井綾女さん:
    埼玉北部の出身で、田んぼに囲まれて育ち、田舎ではあるのですが山がないため、山がある場所で描いてみたいなという気持ちがありました。きっかけはミチヨさんと同じです。知り合いの作家が広島県内へのアート移住に関するセミナーにゲスト出演するというので軽い気持ちで行きました。その頃、広島で私たちを含めたグループ展が開催予定だったのでその宣伝になればと。そしたら安芸高田市のお試し移住の話がありました。安芸高田市の風景をスライドで見せてもらい、ここが自分の描きたいものにドンピシャだったのでこれがチャンスだ!と思い、隣の席のミチヨさんと目を合わせ「イイね!」ってなり、そこでおためし移住が決まりました。ミチヨさんとは5年ぐらいの付き合いですが、セミナーの時に隣りに座っていて、二人が同じ思いになれたので、今回のお試し移住に思い切れました。


    ミチヨさんは、約2か月、綾女さんは3か月の予定でお試し移住で安芸高田市に滞在されます。
    現在の活動
    ミチヨさん:
    自分なりの解釈で読み解いた神話・伝承の世界を、板や絵の具を針で引っ掻いて描くスクラッチ技法を用いて、作品にしています。作品を広島や浦和、大阪、東京で開催される個展などで発表して、お客様にお求めいただくことで生計を立てています。たまにデザイン系のお仕事の依頼もあったりします。
    個展を開催できるようになるまでは、3年間イレブンガールズアートコレクション(EGC)という次世代のアーティストを育成するグループに属し、メンバー11人で全国の百貨店で展示会を開催しました。EGCは画家として展示販売できるように力をつけ、卒業後は個展を開き一人前になることを目的としているグループです。最初の頃はまだ知名度がないため、グループで展示会を行うことで少しづつ作品のファンを増やしていきました。


    岩井綾女さん:
    私も3年間はイレブンガールズアートコレクション(EGC)で経験をし、卒業後は展覧会で作品を展示して、買ってもらうという活動を主にしています。以前は、別の仕事をしながら制作活動をしておりましたが作品販売で生活してきた作家さんからアートマネジメントを学び、現在は画家として生計を立てています。真面目に真摯に絵を描き、展覧会出展を重ねるうちに少しずつ皆様に名前を憶えていただけて画家としての手ごたえも感じ始めています。

    今後の活動や想いについて

    ミチヨさん:
    今後も絵を描き続け、発表の場を海外にも広げていきたいと思います。世界で自分の作品がどのように評価してもらえるか、挑戦したいです。海外で作品の展示をし、その世界や雰囲気を体感できたら、自分の制作への刺激にもなると思います。
    また、普段制作しているのは小さめの作品が多いのですが、今後は大きな作品にも積極的に取り掛かってみたいと思っています。自分なりのスクラッチの世界を見出して、作品をより良いものにしていきたいです。

    岩井綾女さん:
    今後は、とりあえず目の前の事で言うとサイズの大きい作品を描きたいというのがあります。最近、100号サイズ(約162cm×162cm)の過去作品を海外の方にご購入いただきました。100号が売れたのは初めてです。大きい絵も求めていただけるのだと感じました。ドーンと大きい絵を描きたいなと心の何処かで思っていたので背中を押された気持ちです。100号と言わず200号でも壁画でも、何か大きい作品を作りたいです。


    現在のお二人のお試し移住ルーティーンは?

    6時~7時 起床
    9時~12時 題材を探しに取材やスケッチ、写真を撮りにあちこちに! 
    13時~18時 作品制作
    18時~夕食、制作の続き、事務仕事。

    特に休みの日っていうのは決めておらず、周辺でイベントや神楽講演などがあれば作品の題材を求めてあちこち行っています。
    移住を考えている方へのメッセージ
    ぜひ!不安な方はまずはこのサイトのお試し移住を体験されるといいと思います。地元の皆さんはとても親切で、まったく知らない方でも挨拶してくれたりしてとても嬉しい毎日です。自然豊かで、食べ物1つ1つがとにかく美味しい! 安芸高田市は本当に素敵な場所です。
    コンセプト 先駆者紹介 イベント情報 物件情報 ブログ 会社情報 求人情報 副業支援 週末農業体験 ムービー お問合せ
  • コンセプト
  • 先駆者紹介
  • イベント情報
  • 物件情報
  • ブログ
  • 会社情報
  • 求人情報
  • 副業支援
  • 週末農業体験
  • ムービー
  • お問合せ
  • お問合せ
    ページトップへ