ブログ

ホーム > ブログ
古民家リノベーション 田舎暮らし広島古民家ブログ 投稿日:2020年01月21日

 

田舎暮らし広島.comのムラモトです。

 

 

寒暖差の激しい気候で、この頃は雪景色も楽しめる安芸高田市。

 

 

その安芸高田市で古民家を購入してリフォームされる方も増えてきてるみたいです。

 

 

移住者さんだったり、地元の方だけど古民家に住みたいって方だったりと、、、。

 

 

古き伝統の日本家屋をリフォームして住み継ぐ。。。

 

 

ほんと素敵なことで、とても大切な事です。

 

 

今日、古民家リフォームが完了したばかりのお客様の物件を見に行きました。

 

 

入母屋の二重屋根。重厚な外観は丈夫でそのままで、内装をリフォーム!

 

 

やはり昔の家はしっかりしていますね。

 

 

 

玄関から、中廊下まで続く廊下。

 

 

和室建具はそのままに、壁などは白く塗り替えてあり、天井も以前のままで素敵です。

 

 

 

家を横に貫く中廊下。

 

 

中々、ないですよね。。 憧れです。

 

 

ボーリングができるかも?笑 ダッシュが出来るかも?

 

 

キッチンやバストイレなどリフォームした生活部分の入り口は建具を新しく、

 

 

他は昔ながらの丁寧に作られている職人さんの建具。

 

 

この組み合わせもとてもいい感じでした。

 

 

 

縁側もそのままに、縁側から眺めるお庭の景色はやはり違いますよね。

 

 

ダイニングも、天井、建具は以前そのままに。

 

 

竿の縁天井と濃いフローリングがとてもいいバランスでした。

 

 

古民家リフォームならではですね。

 

 

 

もちろん、日本家屋といえば、、、二間続きの和室。

 

 

立派な欄間にビックリ!

 

 

ここは畳と襖の張替えで見事に新築のような和室になってました!

 

 

やはりそれだけ 建物が丈夫で使われているものでしっかり見えるのでしょうね。

 

 

 

 

家の外には 分厚いドアが。。。

 

 

 

 

重ーい扉をワクワクしながら開けてみると、、、

 

 

そこは広~い 2階部分もある蔵でした。

 

 

引き渡し前だったので、もちろん空っぽでした。

 

 

 

リフォームのメインは水まわり部分と寝室や子供室で こちらも機能的で快適にリフォーム

 

 

されていましたが、でも私が感動したのはやはり、昔からの伝統的なものを十分に残して

 

 

見事に古民家を再生されていることです。

 

 

私は 田舎で育ちましたが、家が日本家屋では育ってないので、

 

 

無駄に広ーい日本家屋に憧れです!

 

 

ほんと伝統と現代を組み合わせた素敵なお家でした。

ページ先頭へ
煮ごめって広島郷土料理だった! 田舎暮らし広島移住ブログ 投稿日:2020年01月17日

 

田舎暮らし広島.comのムラモトです。

 

 

新年を迎えてもう半月が過ぎてしまいました。

 

 

「1月は行く」といいますが、まさにそう!!

 

 

昨日のことですが、最近色々とお付き合いのあるあの「人生の楽園」にも出演された

 

 

ジェラートの店「ばぁばの蔵かふぇ」のオーナーさんが、

 

 

おばぁちゃんが作った煮ごめを持ってきてくださいました。

 

 

懐かしーい!!

 

 

今は亡き おばあちゃんが昔作ってくれた煮ごめが大好きだったんです。

 

 

毎年、この時期になるとよく食べてましたね。

 

 

 

 

煮ごめってどこでも食べられていると思っていましたが、

 

 

広島の郷土料理なんですね。

 

 

親鸞聖人の命日にあたる15日に安芸門徒の多い広島で、彼の好物だった小豆をいれた

 

 

精進料理の「煮ごめ」を作ったと言われます。

 

 

特に芸北地域でよく作られたようです。

 

 

細かくされた根菜類に小豆が入った煮物でしいたけの出汁もきいてて美味しいんです。

 

 

根菜類たくさんで体も温まり元気出ます!

 

 

広島の郷土料理!!・・・いいですねぇ!

 

 

 

ページ先頭へ
鏡開きで今年も元気に楽しく! 田舎暮らし広島移住ブログ 投稿日:2020年01月11日

 

田舎暮らし広島.comのムラモトです。

 

 

本日は1月11日は鏡開き~ってことで、一足先に昨日鏡餅を社内で頂きました!

 

 

あっ ↓ ↓ これは鏡餅になったちょっと最近デブデブなハルちゃん!

 

 

お餅のようにふっくら!かわいい!

 

 

今年の年賀状素材に使いました。(笑)

 

 

 

 

お供えした鏡餅を下げたら、お正月が終わったなぁと実感してしまいますね。

 

 

でも今年も無病息災で過ごせれるように祈り、

 

 

神仏に供えたものを頂く鏡開きも大事な行事ですね。

 

 

最近は特に「無病」健康第一、

 

 

そして「息災」 毎年全国で大きな被害をもたらす災害が少しでも防がれるように!

 

 

年神さまが宿ったお餅をたくさん食べて元気に今年もいきましょう!!

 

 

しっかりお餅を頂きましたよ!!

 

 

 

 

次から次から焼かれていくお餅。膨れていく丸餅かわいい。

 

 

毎年作ってくれる社員さんの小豆から作られるぜんざい。

 

 

とても美味しかったです。小豆も大きくプリップリ!

 

 

 

 

こちらの地方では鏡開きはぜんざいが主流ですが、また地方などでそれぞれ違うのでしょうね。

 

 

醤油に 少々マヨネーズと七味で海苔で巻いて食べても美味しかったですよ!

 

 

ちなみに、1月11日は塩の日でもあるみたいですよ!

 

 

あの有名な武田信玄と交戦中の上杉謙信が、敵対関係にも関わらず、

 

 

塩を絶たれた武田信玄の領地に塩を送ったのが1月11日で、こんな戦国時代の逸話からだそうです。

 

 

「敵に塩を送る」と言う言葉はここからなんですね!!

ページ先頭へ
お問合せ
ページトップへ